マイナス5歳肌になれる!透き通ったモチ肌美人の保湿術

マイナス5歳肌になれる!透き通ったモチ肌美人の保湿術

すっぴん美容家のtrue colorsです。


私はモチ肌のおかげで、30歳の今も20代前半に見られることが多く、その度にやっぱり肌って大事なんだなぁとつくづく思います。


スリムな体型でいても、骨っぽくガリガリに見えず、若く見えるモチ肌。当然、そんな肌になれたらうれしいですよね。


年齢を重ねていくと、ハリがなくなっていくのを感じると思いますが、年相応だとしてもキレイを保つためには、とにかく「肌」を健康に保つことが欠かせません。


肌質は自分の努力次第で変化し、腕や胸の白い所くらい誰しもキレイになると言われています。


生まれ持った肌質の違いだから。。とあきらめる必要はありません。

毎日のスキンケアをしっかりすれば、近づけることは十分可能。


今日は、モチっと心地良い肌質になるための効果的な保湿美容法をお伝えします。


 


濡れた肌につける!?お風呂上がりのボディオイル法


847bf06f416fb8b6a4bc8779ee891fdb_s


多くの人がフェイスケアには力を入れているように感じますが、顔以外の部分はおろそかになりがちです。もし、ボディに触れた時にカサついていては、男性もきっとガッカリするでしょう。


保湿は「体全体」を意識して行います。


お風呂からあがったときの肌は、水分が奪われ非常に乾燥しやすい状態なので、すぐにうるおいを与える必要があります。


お風呂から出たら、体についた水は拭かずにそのままに。オイル適量を手にとって伸ばし、濡れたボディになじませます。体についた水をふき取らないことで、オイルが伸びやすくなります。


オイルは保湿力が高く、伸びが良いものを選びましょう。また、香りがよいものを選べば、リラックス効果も。


エイジングケアとして人気が高く有名なのは、ヴェレダの『ざくろ オイル』。


ザクロの力で、お肌はふっくら、しっとりさせます。


ザクロには、エストロゲンに似た働きもあり、女性にはうれしい成分です。また、ザクロに含まれるエラグ酸には、老化防止、美白効果があるとも言われています。


【女性ホルモン(エストロゲンなど)に関するブログはこちら】


https://maketruecolors.com/hormonal-imbalance/


つけた瞬間はベタつきますが、すぐに浸透していきます。


顔も体も濡れている状態でオイルをつけることで浸透をさらに良くすることがポイントなので、半身浴などをされる場合でも、顔にオイルをつけて半身浴中に乾燥しないよう心がけると良いでしょう。


 


 水をたくさん摂り、内側から保湿を。


1b70953a9eafb5c0587f7409dcc4224b_s


お肌の乾燥とは油分の不足ではなく、水分不足のことを言います。


「肌の水分は内側から涌き上がってくるもの」という事です。




赤ちゃんの肌がプルプルしているのは、水分がたっぷりだからです。


化粧水でいくら表面に水分をしみこませても、体内がカラカラの状態では根本的な解決にはなりません。肌の水分量を増やすため「1日約1.5〜2リットル」の常温に近い水分を摂取しましょう。

そして、利尿作用があるカフェインが含まれるお茶やコーヒーの過剰摂取には注意。カフェインを摂り過ぎると、場合によっては体内に取り入れた水分量よりも多く、体外に尿として排出されてしまうことがあります。また、大量の水分を一気に飲む方法は尿が出やすくなり、脱水を引き起こしてしまうのでNG。効率的な水分摂取の方法は、1日に必要な摂取量を数回にわけて飲むことです。


本質的に乾燥を改善させるには、まず体内の水分不足を解消させることですので、水を1日に1リットル摂っていない状態は、肌の水分は不足して間違いなく乾燥してしまいます。


できれば、1日1.5〜2リットルの水を飲んで、内側からの乾燥対策をしてください。


【効果的な水美容の詳しいブログはこちら】https://maketruecolors.com/beauty-water/


 


乾燥が特別ひどい時はラップケア!?


【フェイス】


これはお風呂から上がってすぐやるのがおすすめです。



体があったまっているうちに化粧水を含んだシートパックをしたら、ラップをつけます。

このまま5~10分ほど置きましょう。

目、鼻、口は開けておくようにラップを付けておくと動けて便利です。


お風呂あがりは体温が上昇しています。

体温が上昇すると体から水分が蒸発します。

それは普通のスキンケアや保湿パックでは防ぎきれないので、シートパックをして更にラップで覆うことにより、水分の蒸発が飛躍的に防げます。しかもシートパックの効果もバツグンになりダブル効果!



自宅で肌のセルフケアができる利点としては経済的なことだけではなく、テレビや音楽をつけたままリラックスしてできるということや、時間がかからない、好きなときに出来る、というメリットもあります。


うるうる・もちもちのお肌めざして定期的にケアしていきましょう。


【リップ】

冬場だけでなく夏場も口の皮がむけるなんてこと、ありますよね。


シーズン問わず、うるうるの唇でいたいもの。


リップケアは、お肌よりもお手軽です☆


まずは、お手持ちのリップクリーム(ワセリン、オリーブオイル、はちみつ等でもOK)をたっぷり塗ります。

(※ 皮がむけている場合は無理に剥がさないようにしましょう。)



次に市販のラップでパックします。

ラップを小さく切って、唇を閉じた状態でぴったり貼りつけます。

そのまま5~10分程度放置します。

(※ 放置し過ぎも良くないので、上記を目安に)




ラップを剥がしたら、コットンやティッシュで軽く拭き取ります。

完全に落としきらず少し残るくらいがポイントです。


これをすると、びっくりするくらいふっくらもちもちの唇になります。


唇は女性を魅力的に見せる大切なパーツなので、いつもケアしてふっくらさせておきましょう♪


 


モチ肌に必要な保湿セルフケアを始めてから、

質感が格段にUPしました。


4d6f40a0335748b7973d81e3948a942e_s


私も以前は、お風呂あがり、体をタオルドライしてから保湿をしていましたが、なかなか手や足の乾燥などが改善されませんでした。それが・・・、濡れたままの状態でオイルをつけ、さっと拭き取る保湿をはじめてから、ひじ等、乾燥しやすい部分も含め、しっとりの肌質をキープすることが出来るようになりました。


また、内側からの水美容については、1.5リットル程の摂取を習慣化したところ、乾燥しやすいオフィスでも冬場の季節でも全く乾燥が気にならなくなりました。


特別な美容液を使うことよりも、中からのケアが如何に重要であり、継続することでの効果はてきめんなのだということを身にしみて感じました。


唇は顔よりもおろそかにしがちですが、放っておくと意外と皮がむけたりしますよね。このラップケアはとにかく保湿効果が高いので、おすすめです。このケアをする前は冬の時期、ひどい時には唇が切れてしまうこともありました。


今は、ふっくらとしたリップカラーがのりやすい唇をゲットしました♥︎


ほんの10分のケアでぷるぷる美唇が手に入るのだから、やらなきゃ損です☆


 


本日の美容サプリ


今日は、キレイなモチ肌女性が基本的に行っている保湿美容をお届けしました。


「透き通ったぷるぷるの肌になりたい・・」と願っている人ほど、ケアをやっていないですよね。だいたい「なんで乾燥するんだろう・・」とぶつぶつ言っている人は、必要なことをやっていません。


これを日常化することがとても大切です。


モチ肌になるためには、「保湿」が如何に大切か、それもどんなタイミングで、どんなことに注意して行うのか、体の中の保湿は意識しているか、といったことがポイントになってきます。


お風呂上がりの乾燥前のタイミングで水分を閉じ込め、体の6、7割は水分ということを意識して中から補給し、


時には、特別なラップパックをして肌力をぐんとUPさせる☆


モチ肌美容法をお伝えしました。


これ、自分で思っている以上に肌質が変わりますよ♪


肌が健やかな人は年齢を感じさせないキレイさがあります。


是非、今夜から取り入れて、魅力的なマイナス5歳の肌質を手に入れましょう。


 


少しでもお役に立てましたら、はてなブックマーク&シェアお願いします♪

facebookでコメントを残す

人気記事