自分らしくあるために必要なものを見極める5つのヒント

自分らしくあるために必要なものを見極める5つのヒント

すっぴん美容家のtrue colorsです。


よく、会社の後輩に「どこのファンデーションを使ってるんですか?」と聞かれます。


私はコンシーラーと粉のみで、ファンデをほぼしないので、決まって、「良いファンデを探し続けることよりも、素肌からキレイにすることが重要だよ」と答えます。綺麗な「すっぴん美肌」を手に入れるためには、正しい美容選択力と継続する美容習慣の仕組み作りが必要なので、まずは、自分を知り、自分に合ったものを選択する力を身につける事が大事です。


では、本日は自分らしくあるために、必要な要素を見極める5つのヒントをお伝えしたいと思います。


 


自分らしさを選ぶ「潔さ」を持とう!


「女子力」とは「自分らしさ」、「自分らしさ」を選ぶ潔さです。

たとえばファッションですが、かわいい洋服が好みでそういった服装をしていても無理を感じる人がいます。


また、大人っぽいファッションが好みで素敵な大人の洋服を身にまとっていても、背伸びをしているように見えてしまう人もいます。これは、自分の好みとその人のもつ「自分らしさ」がマッチしていないために起きてしまう現象なのです。似合わないことを承知で、敢えて好みを優先している人もいるでしょう。そういった人は信念をもって選択をしているわけですから、この場合は良しとしましょう。

問題なのは、自分の選択と本来の「自分らしさ」のミスマッチに気が付いていない人なのです。


これは自分の肌質を見極めないまま、何となくスキンケア商品を選んでいる思考とも比例しています。


好きなものを選択することを潔く諦め、心地よい「自分らしさ」に方向転換することができるか。そこが女子力UPの重要な分岐点なのです。例は、ファッションでしたが、この気付きと潔さはありとあらゆる分野において同様に重要で価値のあることなのです。


好みを貫くのも一つの選択ですが、第三者から見てその無理が目に付くようになります。


無理を感じさせない人は、その選択に別の意味での潔さを感じる場合だけでしょう。


自分らしい判断や行動を自然体で選べる力こそが、最強の女子力であると断言できます。


そういった魅力ある女性の姿を見たとき、その容姿や顔立ちにかかわらず素晴らしい女子力の持ち主であることは、大人の目にははっきりとわかるものです。

女子力UPのポイントは、潔く「自分らしさ」を選ぶことといえます。


まずはこの意識を持つようにしましょう。


 


「もったいない」呪縛から解放される


モノを捨てる時など、「まだ使えるし捨てるのはもったいないな」と思うことってありますよね?


お気に入りでなく、使っていないのにモノを手放せないのはなぜなのでしょう?


結局、使わないものを残していても大事には出来ません。必要でないから、使わないのです。


人間はそんなに沢山のものを大切に出来ませんので、「手に入れるのに苦労したから」「もったいないから」だけなら、潔くさよならを。


大切に使ってくれる人に譲り、本当に愛情を注げるものだけを手もとに残しましょう。


よく使うものは自分らしいもの、使わないものは自分らしくないもの。身のまわりのものをそうやって振り分ければ、整理することは実は簡単なのです。新しく買う時もそれを基準にすれば衝動買いは防げますので、これを心がけてみてください。


 


愛用できるものには投資を。


寝具や肌着、キッチンウェアなど、暮らしを支えてくれるアイテムはなるべく良質なものを必要な数だけ持つことがポイントです。毎日をより快適にしてくれるものを選べば愛情を持って大切に使うことができます。


洋服も自分らしく長く使えるものであれば、素材などにこだわって、長く使えるものの質を見極めましょう。


たかが「白いシャツ」といっても、自分の体型に合った、自分が引き立つ形や素材があります。


自分をキレイに見せる愛着がわくアイテムを身につけていると、その姿を見ただけで、あなたを彷彿させるエッセンスを周りに与えることができます。


お気に入りを選んで、セルフブランディングしてみて下さい☆


 


モノ選びに迷ったら、直感で決める


モノを選ぶときにあれこれ考えすぎると、かえって判断を誤ることがあります。


その日の服装やランチメニューも実は直感に従った方が「アタリ」ということも。決め手は「快」か「不快」かです。

理屈や情報にとらわれない自由さも大切ですので、自分が感じる感覚を大切にしましょう。


「直感」とは実は根拠の裏付けがあり、全てはこれまで生きていきた中で右脳にストックされてきた経験値があります。ここから必要な要素を引っ張って、その時一番ベストである選択を人間はしているのです。


経験が多ければ、直感が当たる確率は当然高くなるので、そのインスピレーションはフィーリングで好きか嫌いかということに加えて、非常に信頼度の高いものと言えます。


 


体のデトックスをする


今までも何度かお伝えしていますが、自分を知るためには、まずデトックスが不可欠です。


体の巡りを良くし、体内の毒素を排出すると、不要なものがそぎ落とされ、本来のナチュラルな自分だけが浮き彫りになります。裸になった自分に合うものという感覚で考えると本当にフィットしたものだけを選ばざるを得ないようになります。


水分を沢山摂り、巡りを良くする「酵素」を生野菜やフルーツで摂取しましょう。


また、運動や半身浴で汗をかく習慣を1週間のうちに定期的に作ります。


こうしてムダなものを省いていくと、ありのままの自分に向き合わざるを得なくなります。


自分を見失いそうな時は、まずデトックスを行い、体を軽くすることから始めて見てください。


 


以前は自分の好みや宣伝などに踊らされてモノを選んでいました。


今、こんなことをお伝えしていますが、私も以前は好きだという感覚だけで衝動買いをしたり、


「まだ使うかも」と思い、使わないものを取っておく傾向がありました。


好き嫌いだけで料理を選び食べていたり・・・。


でも、本当に必要なものだけを残し、洋服も自分を自分らしく魅せる観点で長く使えるものをチョイスし、不要なものを摂りすぎるのはやめて、好みではなく体が足りなくて欲しているもの(野菜やエネルギーとしてのお肉、など)という内容で食事をするようになってから、無駄な支出が減って肌のツヤがUPし肌荒れがおさまりました。


モノを選ぶヒントを捉えながら、体のデトックスを行うと、空き用容量が増えたところに体に沿ったものをインプットすることができるので、格段に肌力が上がります。


こういったポイントを押さえて、モノ選びをしていくと、自分軸が深まり、迷わなくなるのだということを実感しました。


 


今日の美容サプリ


自分ってなんなのだろう、自分らしいってどういうことだろう。


と考えることはありませんか?


好みだけで選ぶのではなく、「自分にフィットしているか」で選択すること、


「もったいない」は不要なものということを知ること、


長く使えるものには投資をする、迷った時は直感を信じること、


そして、不要なものを洗い流し、デトックスをしてナチュラルな自分と向き合うこと、


といった、自分に正直に自分らしくベストな選択をするためのヒントをお伝えしました。


何か迷いが生じた時は、このポイントを参考にセルフブランディングして立ち返ってみます。


道が開き、正しい方向に戻る事ができるはずです。


そして、この選択力を通して、本来の自分らしいナチュラルな「すっぴん美肌」を手にいれましょう☆


 


少しでもお役に立てましたら、はてなブックマーク&シェアお願いします♪


 

facebookでコメントを残す

人気記事